【2022年5月13日公開】映画『流浪の月』の原作との違い・変更点と感想【ネタバレなし】

映画×レビュー

こんにちは!芦沢シン(@snnskwebw)です。

当記事は映画『流浪の月』の原作との違い・変更点と感想についてです。

このような方に向けた記事です
  • 映画『流浪の月』が気になっている
  • 映画と原作との違い・変更点について具体的に知りたい
  • 映画を観て原作が気になった
著者の情報
  • 『流浪の月』の原作を2回読んだ後に映画を見た

映画流浪の月は、2022年5月13日に公開されました。

『流浪の月』の原作は、2020年の本屋大賞を受賞したことでも知られています。

はじめに、映画の感想を簡単に言うと

芦沢シン
芦沢シン

原作の世界観がしっかりと表されているのがとても良かったです!

以下に、原作を読んだ僕の視点から映画『流浪の月』を観た感想をネタバレしない範囲でまとめました。

また原作との違い・変更点についても可能な限りまとめました。

映画観るなら<U-NEXT>

スポンサーリンク

映画『流浪の月』の情報(主な登場人物、あらすじなど)

あらすじ

夕方の公園に一人ぼっちでいたのは10歳の小学生・家内更紗

更紗は引き取られている伯母の家に帰りたがらないある事情があり、公園にいたのです。

本を読んでいると、雨が降ってきてびしょ濡れになってしまいます。

そこに傘を差しだしてきたのは19歳の大学生・佐伯文でした。

彼は更紗に言います

「うちにくる?」

伯母の家に帰りたくなかった更紗は文についていき、そのまま文の部屋で過ごすことになります。

そこは更紗にとっては平穏な場所。居場所を得た更紗は文の部屋で自由に過ごしていました。

しかしそんな日々は続かず、ある湖で文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまいます。

それから15年後…

大人になった更紗はという交際相手がいて、現在はレストランでアルバイトをしていました。

ある日たまたま寄った喫茶店で、その喫茶店を営んでいる文と再会することになります。

再会するべきではなかった2人の再会から、物語が大きく動き始めます。

そして更紗も知らなかった文のある事情がありました…

主な登場人物、キャスト

登場人物 映画のキャスト  
家内 更紗(かない・さらさ) 広瀬 すず (10歳時:白鳥 玉季) 10歳の時に文と出会い、文が暮らしていたアパートについていく。ほどなくして文が捕まり世間では「女児誘拐事件」の被害者とされている。
佐伯 文(さえき・ふみ) 松坂 桃李 19歳の時に更紗と出会いしばらく一緒に過ごすが誘拐罪で逮捕される。世間では「女児誘拐事件」の加害者とされている。
中瀬 亮(なかせ・りょう) 横浜 流星 更紗の現在の恋人。会社員で実家は農家を営んでいる。更紗と婚約しようと考えている。熱くなりやすい性格。
谷 あゆみ(たに・あゆみ) 多部 未華子 文の現在の恋人。看護師として文に寄り添っている。
安西 佳菜子(あんざい・かなこ) 趣里 更紗の同僚で、シングルマザー。更紗のよき理解者でもある。
安西 梨花(あんざい・りか) 増田 光桜 佳菜子の娘。佳菜子が交際相手と旅行に行った際に更紗と文と一緒に過ごすことになる。

原作者、映画監督について

原作者:凪良 ゆう(なぎら・ゆう)

凪良ゆうさんは、これまで男性同士の恋愛を描くBL作品を中心に手掛けてきました。

その一方で一般文芸も執筆しており、2020年に『流浪の月』で第17回本屋大賞を受賞しました。

他の作品として『わたしの美しい庭』、『滅びの前のシャングリラ』があります。

¥814 (2022/12/09 13:46時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
楽天ブックス
¥814 (2022/12/09 13:46時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
楽天ブックス
¥1,705 (2022/12/09 13:46時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

映画監督:李 相日(リ・サンイル)

李相日さんは日本を拠点に活動している映画監督です。

2006年に公開された『フラガール』では第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞し第79回アカデミー賞の外国語映画賞の日本代表にも選出されました。

他の作品に、『悪人』(2010年公開)、『怒り』(2016年公開)があります。

重いテーマの映画を描くのが上手い監督として知られています。

映画『流浪の月』の原作との違い・変更点

以下が映画『流浪の月』の原作との違い・変更点になります。

物語のネタバレ要素を強く含む部分については触れないようにしています。

原作との違い・変更点 1

・更紗の実父、実母が登場しない
原作では最初に更紗が実父、実母とどのような生活を送っていたのかが書かれている(更紗が自由奔放な性格となった背景)

原作との違い・変更点 2

・物語の展開の仕方
原作では子供時代→現在と時系列通りに進んでいくが、映画では子供時代と現在が並行して進む

原作との違い・変更点 3

・更紗が子供時代に文の家に行った時の年齢
原作では9歳だが映画では10歳になっている

原作との違い・変更点 4

・子供時代の更紗と文が捕まった場所
原作では動物園、映画では

原作との違い・変更点 5

・大人になった更紗が『calico』へ行く時の流れ
原作では平光さんからの誘いだが、映画では安西さんからの誘いになっている

原作との違い・変更点 6

・谷あゆみの人物設定
映画では看護師になっている。また原作ではある事情があるが、映画では特に触れられていない。

原作との違い・変更点 5

・終盤更紗が警察に取調べを受けることになるいきさつ
原作と映画では異なっている

映画観るなら<U-NEXT>

映画『流浪の月』の感想(ネタバレなし)

原作の世界観がしっかりと表されている

僕が映画を観てまず感じたことです。

原作は複雑で重いテーマを扱っており決して明るい話ではありませんし、恋愛とはまた違うものでもあると思っています。

そういった人によって感じ方が異なってくるという難しい要素がある中で、映画では基本的に原作に忠実で世界観もしっかりと表されていたのは良かったと思います。

原作を読んで印象的な言葉など、映画でも入れてほしいと思ったところは、時間が限られている映画の中でもしっかりと入っていたと感じました。

また、ナレーション等による物語の展開の説明が全くなかったことも個人的に良い点だと思いました。

ナレーションで必要以上の説明があるのはあまり好きではないのもありますし、特に『流浪の月』でそれがあれば世界観が崩れてしまうというのは観る前から思っていました。

映画では、映像・音楽・表情で物語の展開や登場人物の心理描写を表現している、観る側が「感じ取る」形式になっていてそれが原作の世界観、雰囲気に合っていて良かったと思いました。

ただ物語の展開の説明がないこともあり、映画から観た人にとっては1度では分からなかったこともあるのではないかと思います。

物語の重さが映画の演出によりさらに増している感じがした

映画のキャストの方々の迫真の演技も凄く良かったと思います。

登場人物の表情・セリフ・リアクションをキャストの方々がそれぞれの登場人物になりきっているのが伝わってきました。

原作を読んでいたのもあり、登場人物が実際に映像化により飛び出してきたような感覚がありました。

特に中瀬亮役の横浜流星さんの演技は良かったです。

亮のどうしようもなくイライラさせる感じが原作よりもさらに増していたように感じました。

映像・音楽も物語の雰囲気にとても合っていたと思います。

個人的には、変に主題歌を入れることなくエンディングも雰囲気に合ったメロディーで締めくくったのが良かったです。

※性的描写や過激な暴力シーンがあるため、誰かと一緒に観る際には少し注意した方がいいのかなと思いました

映画での物語の展開の仕方

基本的に原作に忠実ではありますが、映画では物語の展開の仕方が原作とは異なっています。

原作では子供時代→現在と時系列通りに進んでいくのですが、映画では子供時代と現在が並行して進んでいきます。

更紗と文の現在の視点から、過去のことが徐々に浮き彫りになる流れは2人の中に抱えているものの重さがより伝わってくるような感じがしました。

現在から過去へ場面が移る映像演出も良かったです。

個人的には、更紗が見ているカーテンにより現在から過去へと移る流れが好きですね。

ちなみに映画のラストですが、原作を読んでもあっ!と驚く展開が待っていました。

原作『流浪の月』の書籍情報

書籍名 『流浪の月』
著者 凪良 ゆう(なぎら・ゆう)
出版社 東京創元社(創元文芸文庫)
発売日 2019/8/29(単行本) 2022/2/26(文庫本)
ページ数 320ページ(単行本) 355ページ(文庫本)
受賞・候補 第17回本屋大賞受賞作

『流浪の月』の原作では、映画では登場しなかった実父、実母が最初に登場して更紗が自由奔放な性格となった背景が書かれています。

また登場人物それぞれに複雑な事情があることが細かく書かれています。

映画を観た後に原作を読むことでさらに『流浪の月』を楽しめるのではないかと思います(特に原作を読んでない方)

映画『流浪の月』はU-NEXTでも見れる

映画『流浪の月』はU-NEXTでもご覧になれます。

  • 本編に加えて、U-NEXT限定の未公開映像特典付き
  • 見るにはレンタル料が1,200円(またはポイント)
  • 無料トライアル特典の600円分のポイントを使えば600円(ポイント)で見れる

U-NEXTでは、映画館では見れなかった未公開シーンも配信しています。

別途レンタル料が1,200円(またはポイント)かかります。

ただ、U-NEXTでは登録すると無料トライアル特典600円分のポイントがもらえます。

この600円分のポイントを使えば、600円(ポイント)で見ることができます。

31日間無料トライアルでは、登録後31日間は230,000 本以上の作品が無料で映画等が見放題です。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

まとめ

映画『流浪の月』の原作との違い・変更点と感想まとめ
  • 原作の世界観がしっかりと表されている
  • 映像・音楽・キャストの方々の演技により、物語の重さがさらに増している感じがした
  • 映画では物語の展開の仕方が原作とは異なっている
  • 更紗の実父、実母が登場しないなど原作との違い・変更点がいくつかある
  • 映画を観た後に原作を読むことでさらに『流浪の月』を楽しめる

当記事が映画を見る際の参考になっていただけたら幸いです。

芦沢シン
芦沢シン

ここまでご覧いただきありがとうございました!

それではまた(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました